【不妊治療のデメリット?】費用はどれくらいかかるの?助成金制度は? | 【美容・健康に効くブログ】コンプレックス改善・解消のススメ!

        

【不妊治療のデメリット?】費用はどれくらいかかるの?助成金制度は?

「不妊治療を始めたほうがいいのかな?」と思っていても、
いざ「費用がどれくらいかかるのか?」なんて考えてしまうと、
なかなか踏ん切りがつかなくて、迷ってしまう…

そのようなこと、ありませんか?

不妊治療といえば、
なんとなく高額なイメージがありますものね…


そこで、今回は不妊治療に取り組んだ場合、
一体どれくらいの費用がかかるもののか?

その目安となる金額を中心についてお伝えしていきます。

不妊治療というのは、

・一般不妊治療

・高度生殖医療(人工授精や体外受精)

このふたつの治療法に分けられています。

一般不妊治療というのは…

☆血液検査や卵管造影検査

☆タイミング療法のアドバイスや診察

☆HMG-HCG(FSC-HCG)療法(いわゆるホルモン注射)

※HMG-HCG(FSC-HCG)療法とは?:
 卵胞期(排卵前)にhMG(卵胞刺激ホルモン)注射することで卵胞を育てて、
 卵胞が大きくなったらhCG(排卵刺激ホルモン)注射して卵を排卵させる治療法です。

☆排卵前の内診

ここまでが一般不妊治療と呼ばれ、
保険が適用されるため、医療費は3割負担で済むことになります

目安となる費用は、
タイミング療法のアドバイスや診察、注射だけなら数百円程度、
排卵前の内診の場合は一回の治療費として2000円程度で済むようです。
(お薬に関しては後ほど)

で、不妊治療の費用として問題となってくるのは、
『高度生殖医療』と呼ばれる「体外受精」や「顕微授精」なんですね。

この「体外受精」「顕微授精」は、
【保険適用外】の『自由診療』となります。



この治療の費用に関しては、病院によってもマチマチなようで、
(「検査や薬の量などが、ひとりひとり違う為」というのが理由)
ハッキリとした目安は提示できないのですが、
あくめでも「おおよその目安」としてですと…

▼人工授精 1回1~3万円ほど

▼体外受精・顕微授精 1回30~60万円ほど
 (医療機関によっては100万円かかるというところも…)

と、結構な料金となっています。
(関東・関西や都市部と地方でも違いがあるようです)

とはいえ、現在は少子化対策として、
不妊治療には助成金が貰える制度があります。

1回最大15万円となっていますが、
助成金の金額や条件などに関しては、各自治体で違いがあるようですので、
お住まいの市役所などに確認して頂きたいなと思います。

制度の詳細 関連記事:【あさイチ】『本音で語る不妊治療』で知る不妊治療の現状&体験談【NHK】



ちなみに、体外受精という段階まで不妊治療が進んでしまった場合、
不妊治療の総額がいくらになったか?

1000人の体験者に答えて貰ったアンケートというものがありましたので、
紹介させていただくと…

100万~200万未満 24.8%

200万~300万   15.2%

300万~500万未満 10.6%

500万以上      4.6%

と、このようになっているようです。

「不妊治療に1000万円かかった」という話を耳にすることもありますが、
複数回チャレンジすれば助成金の申請前の持ち出しで、
それくらいかかってしまうケースも充分ありえそうですね…

助成金が貰えるとは言っても、
費用が高額になってしまうと、全額助成して貰えるわけではないので、
あきらめてしまった…という方が出てしまうのも頷けますね…

また、上の表からもおわかり頂けますし、ご存じのこととは思いますが、
「受精卵を子宮に戻す」という「妊娠のプロセス」通りの治療を行っても、
残念ながら必ずしも一度で着床してくれるわけではないですからね。

さらに年齢別の体外受精の妊娠成功率を見てみると、
↑のように40歳を過ぎると約8%にまで落ち込んでしまいます。

やはり高齢での不妊治療となりますと、
(助成金が出るものの)
複数回・高額な費用がかかるということは、
ある程度、覚悟の上で不妊治療に取り組まなくてはいけないようです…

⇒体内を若返らせ『妊娠しやすい体質』に変えるには?

また、ここまで触れていなかった
排卵誘発剤などの不妊治療で処方される「お薬」の費用ですが、
基本的には「お薬」のみ保険が適用されています。

ですが、例えば海外の薬で認可がおりていないような薬の場合は、
【保険適用外】となってしまい、
予定よりも高くついてしまうこともあるようです。


不妊治療にかかる費用をまとめると…

保険が適用され、3割負担で済む不妊治療は…

☆血液検査や卵管造影検査

☆タイミング療法のアドバイスや診察

☆HMG-HCG(FSC-HCG)療法(いわゆるホルモン注射)

☆排卵前の内診

☆排卵誘発剤など薬(一部、適用外あり)

保険が適用されない『高度生殖医療』は…
▼人工授精 1~3万円ほど

▼体外受精・顕微授精 30~60万円ほど
(医療機関によっては100万円というところも…)

『高度生殖医療』は保険の適用外ではありますが、
お住まいの自治体に申請すれば助成金を貰うことが出来ます。

助成金制度の基本的な決まりごとは…

☆夫婦所得の合計が730万円未満の家庭の場合、1回最大15万円まで

☆初回40歳未満→助成を受けられる回数⇒6回まで
   40~42歳→         ⇒3回まで

と、このようになっています。



いかがだったでしょうか?

不妊治療にかかるトータルの費用に関しては、
個人差・地域差・医療機関差が大きいことがわかりましたね。

また、申請することで助成金が貰えるので、
体外受精や顕微授精の負担も以前よりは軽減され、
幾らかチャレンジしやすくはなったのではないか?と思います。

今回の記事が、あなたが計画的に『妊活ライフ』に取り組めるよう、
参考にして頂けれると幸いです☆



 


あわせて読まれている関連記事はこちら

【体験談】辛かった不妊症⇒自然妊娠出来たコツとは?(参考記事)

【不妊治療】「本当に辛かった」不妊治療の赤裸々体験談

原因不明の不妊症改善・克服のために⇒【無料動画】医師も知らない『妊娠するための条件』

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 【美容・健康に効くブログ】コンプレックス改善・解消のススメ!

この記事へのコメント

【美容・健康に効くブログ】コンプレックス改善・解消のススメ! TOP » 不妊治療, 不妊症 » 【不妊治療のデメリット?】費用はどれくらいかかるの?助成金制度は?

人間ドック補助金